2016年(平成28年)2月8日(月曜日)の記事

TPP 隠された真実 7本無料公開!

TPP隠された真実

TPPは漂流しています。

 添加物、遺伝子組み換え作物の規制も医薬品の規制も骨抜きにされ、薬価を通じて国際製薬資本が健康保険にも影響力を強め、TPPの多国間交渉の陰で進行する日米二国間協議によれば、最終的に医療保険・健康保険も今後の交渉の対象となります。ISDS条項は何をもたらすのでしょうか。

 秘密の交渉の結果、私たちのくらしはどう変わるのか。
 大手メディアが問題の全体像をなかなか報道しないなか、TPPの問題点を訴えてきた7つの分野の専門家が詳しく語ります。
 デモクラならではの緊急特集!

 すべて無料公開です。デモクラTVトップページへ

 

第5回「脅かされる食の安全」
安田節子  食政策センター・ビジョン21代表 

遺伝子組み換え、農薬、BSE牛肉・・・、我々が大事にしてきた「食の安全」が脅かされる。米大統領選候補者のバーニー・サンダース氏は言っている。「TPPで安くなるのは、みなさんの命です」

第4回「クスリから国民健康保険へ」  
    寺尾正之  全国保険医団体連合会

42兆円の国民医療費が狙われている。米国の製薬会社は、日本の薬価制度が「透明性と手続きの公正さに欠く」と主張し、保険適用や薬価を決める審議会などに影響力を行使するようになることが懸念される。

第3回「米韓FTAで起きたこと」
     郭洋春 立教大学経済学部教授

TPPのモデルは米韓FTA。韓国を米国化する手段としてFTAが使われた。米国企業が自由に活動できるよう、政治・社会・習慣まで変える、21世紀の帝国主義政策です。デモクラTVトップページへ

 

第2回「ISDS条項という毒薬」
    孫崎享  外交評論家 
TPPが日本の利益になると本気で思っている人はほとんどいないと思う。官僚は知りながら言わない。口にすれば居場所がなくなる。自民党の稲田朋美議員は「TPPは主権侵害」と言っていたが、政調会長になったらいわなくなった。

第1回「多国籍企業の企てを許さない」
アメリカの交渉姿勢は強引ですが、『多国籍企業の利益を貫く』という方針は明確です。日本は何を狙っているのか。アメリカに言われたかた仕方なくやっている、としか思えない。

 

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail
過去の 緊急特集 TPP 隠された真実 はこちらへ
番組一覧に戻る
デモクラTVへようこそ
世界がすっきり、時代がくっきり見えてくる
ご挨拶
見どころ会員登録
登録すれば1週間無料

最新情報

2016年7月7日
6月の沖縄 追悼と慰霊の一か月
2016年7月7日
第170回本会議 2016.7.2
2016年7月7日
自民は意外に苦戦中??!
選挙情勢も大展開
2016年6月28日
【沖縄タイムス 新沖縄通信】 沖縄行、強い陽射しの下で…(鈴木 耕)
2016年6月13日
固定資産税を取り戻せ!/三菱に喝!

デモクラTV 本会議

第170回本会議 2016.7.2

永田町フ~ウン録 

自民は意外に苦戦中??!
選挙情勢も大展開

山口二郎のムホン会議 6.4 生! 一挙公開

この選挙には行かなきゃだめだ!
時代の危機にムホンを 6.4 総決起!

おすすめREVIVAL

【注目!】日本会議に分け入る(菅野完)

ウェブコラム

2016年6月28日
okinawa-01
【沖縄タイムス 新沖縄通信】 沖縄行、強い陽射しの下で…(鈴木 耕)

沖縄が梅雨明けしたのは6月16日。私が那覇に着いたのは18日だった。まだ梅雨寒という感じの東京から、一気に真夏 […]

  • 過去の記事